東京都世田谷区・祖師谷の整体院/肩こり・腰痛・慢性疲労・デトックス(解毒)などご相談下さい。
ジャズが流れる小さな整体院/BODY FACTORY NANAKO
JAZZが流れる小さな整体院
BODY FACTORY NANAKO
東京都世田谷区
祖師谷6-26-16

since 2004/11/27




整体のイメージとして定着してしまった、ポキポキ、パキパキと、音を鳴らすような施術は致しません。からだに優しい、とても気持ち良い整体です。

私の施術テクニックは、器具等を一切使用しない、100%手だけで行なう、安全で効果の高いものです。

以下のテクニックを、お客様のからだの状態に合わせて組み合わせ、施術を行ないます。

【指鍼整体】(ししんせいたい)
私のメインテクニックです。
人間の身体には経穴(俗にいうツボ)が、頭のてっぺんからつま先まで12本の経絡(けいらく)を形成しています。
この経絡に、指を鍼に見立てて「押し」ではなく「引き」でストンストンと、身体の深部の筋肉である深層筋まで、イタ気持ち良い刺戟を入れていくのが、指鍼整体です。
この「押し」ではなく「引き」の刺戟は、従来の手技療法のような体重を掛けたり、腕の力だけで押し込んだりすることがありません。あくまでも刺戟だけを直接身体の深部まで伝えます。筋肉・皮下組織・毛細血管などに損傷を与えることはありません。したがって、俗にいう揉み返しも起こりにくいのです。

《指鍼整体の施術の流れ》
◆伏臥位(うつ伏せ)
背部→肩部→上腕部→腰部→臀部→大腿部→下腿部
◆仰臥位(あおむけ)
大腿部→下腿部→足の甲→腹部→上腕・前腕部→胸部→頭部・首部→背部

【PNF】神経筋促通手技
(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)

【MET】筋エネルギーテクニック
(Muscle energy techniques)

この二つは、いずれもアメリカ生まれの運動療法です。
私の大好きなNFLや、MLB・NBA・NHLなどでもさかんにトレーナーや理学療法士の方が使っています。
人間の筋肉が本来持っている「等尺性収縮後弛緩=筋肉の長さを変えずに力を入れた後にその筋肉は緩む」「相反抑制=主導筋を使ったときに拮抗筋(反対の動きをする筋肉)は緩む」という性質を利用しています。
施術者が加える「ゆるい抵抗」に対して、身体の一部分を動かしてもらうことで、特定の筋肉を緩めるというもので、関節の動きを良くします。

【キネシオテーピング】(きねしおてーぴんぐ)

1981年に、カイロプラクターの加瀬建造先生が考案されたテーピング療法です。故障部位を固定する目的のスポーツテープとは異なり、皮膚と同じ伸縮率をもったテープを使用し、筋肉に沿ってテープを伸ばさずに筋肉を伸ばした状態で貼るというのが特徴です。

1988年のソウルオリンピック日本女子バレーボールチームに正式採用され、それ以来各国のスポーツトレーナーがこぞって使用するようになりました。
日本国内でもほとんどのスポーツの現場で使われています。

お正月の箱根駅伝で、選手達が膝に貼っているのがキネシオテープです。